平日は普通の会社のビジネスマン。
休日はMorris Managementとして
スポーツ・イベント・広告の
企画・運営・紹介等をしております。
SINCE 2008
<< 【早実サッカー部】インターハイ都大会1回戦 | main | 【募金総額】チャリティーフットサル 373,216円 >>
早実サッカー部 インターハイ都大会2回戦結果
本日行われましたインターハイ都大会2回戦の結果は以下の通りです。

早実 3-1 都立豊島


インターハイ都大会2回戦、対戦相手は関東大会都大会でも対戦した豊島高校。
前回の勝利に甘んじることなく試合に臨んだが、内容は最悪となった。

前半から受けて立つような戦いぶりになってしまい、しまりがない。
前半7分にフリーキックからキャプテンDFがヘディングで合わせ難なく先制点をゲット。
しかし良い流れを作ってはいない。
怪我で主力を3人出場させていないこともあるが、
自分達でどのようにこの状況を打開するかという意思疎通が、
暑さもあってか、全く表れない。
そんな中で、前半20分には左サイドを2年生MFがドリブル突破しその折り返しをいつもは控えながら今日は先発の2年生MFが豪快に決め2対0とする。
しかし流れを自分達で作り出すことは依然できない。前半はこのまま終了。

ハーフタイムに公式戦で自分達が何をするべきか、その点を注意し、
選手達の団結に期待し、後半を迎える。
しかし、後半が始まっても2点リードしていることと暑さもあってか、
自分達からこの試合をゲームメイクする気力が表れない。
早実というチームの代表である意識や、次のゲームにつなげる意欲も見られない。
歯がゆい中、時間だけが経過していく。
そうこうしているうちに豊島も最後の力を振り絞って前線に人数とボールを配給してくる。
そして後半25分、セットプレーからヘディングで決められ2対1と1点差にされる。
そこから少し目がさめたようにも見えたが、体力も残っていなく相手の気力に圧倒される。
しかたなく今日は温存させたかった負傷中のエース格のFWを投入。
ラスト3分でそのFWが見事にドリブルシュートを決めようやく3点目。
これで試合を決めた。

シーズン中このような試合はあるものの、とても残念である。
勝ったのがせいぜいの救いである。
チームのシステムや戦術以前に、まず早実サッカー部員としての本質を再確認し次の試合に臨みたいと思います。
今回は勝ちながらも残念な報告をする形となってしまい大変申し訳ありません。
二度とこのようなことがないように、チームを再生していきたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。
   早実 森泉武信(早実サッカー部OBメールより転載) 

次の公式戦 5月29日(日) インターハイ都大会3回戦 vs暁星高校
 12:00キックオフ
@東久留米総合高校 http://tokyosoccer-u18.com/taikai.html
Posted by : morris-m | サッカー | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.morris-m.jp/trackback/1435549
TOP