平日は普通の会社のビジネスマン。
休日はMorris Managementとして
スポーツ・イベント・広告の
企画・運営・紹介等をしております。
SINCE 2008
<< 【早実サッカー部】6/28 T1リーグ第二節 vs都立国分寺 | main | おかずの星で1000万!宴会の星でイイかんじ! >>
【早実サッカー部】T1リーグ第4戦(vs都立駒場)結果
7/18に行われましたT1リーグ第4戦の結果は以下の通りです。
 
早実 1-1 都立駒場
 
午前10時、真夏の太陽が照りつける中キックオフされた。前半は、一進一退で進む。早実はこの日もしっかり守って速攻を仕掛けるスタイル。中盤でのディフェンスがなかなか機能せず苦戦を強いられる。そのような中でも先日の国士舘戦同様にカウンターから相手ゴールに迫りコーナーキックを取るところまでは行くがそこから先は決め手を欠く。対する駒場も早実の攻撃を跳ね返してから、スピードアップして早実ゴールに迫る。前半20分、早実ゴール前で駒場にフリーキックを与えてしまう。そのフリーキックをGKがファインセーブをするが、そのこぼれを中央に折り返され、中央で待ち構えるFWにシュートを打たれ、これが決まり先制を許す。しかしこの日の課題はスコアに左右されず自分たちのサッカーを積み上げることとしていたため、精神的な同様はあまり見られない。前半はこの流れのまま終了。
 
ハーフタイム、前半失点のシーンをはじめ、守備の際のマークのつかみ方を確認し、また攻撃に移った際のゴール前でのスピードアップを確認し後半に挑む。
 
後半の始めは、駒場の猛攻に会うが、しっかり跳ね返していくうちに早実に流れが出てくる。後半からボランチに入った1年生がしっかりとサイドチェンジを繰り返しリズムを作る。そして後半20分、左サイドの攻撃から、中央へ折り返し、そこに1年生ボランチが走りこみボレーで決めて同点。待望のゴールとなった。その後も一進一退の流れで両チーム決定的チャンスをつかむが決めきれず、ラスト5分は早実は勝ち点1を是が非でも取ることも頭に入れてバランスを意識させゲームを進める。そしてタイムアップ。引き分けで終了し、勝ち点1をゲットした。
 
この日は先制されながらも追いついたことに大きな意味がある。今年のチームはおとなしいため、先制されると追いつく気力というかパワーを失ってしまう。そこから一つ立ち上がることができる結果となった。これで勝ち点7。後は最終戦の帝京戦(8月22日)を残すのみとなった。結果は分からないが、できることを全てやって、Tリーグ最終戦、そして9月からの高校選手権予選に臨みたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
 
早実 森泉武信(早実サッカー部OBメールより転載)
 
次の公式戦(T1リーグ)
8月22日(月)15:30キックオフ vs帝京 @清瀬内山
http://www.tleague-u18.com/news.html
Posted by : morris-m | サッカー | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.morris-m.jp/trackback/1435553
TOP