平日は普通の会社のビジネスマン。
休日はMorris Managementとして
スポーツ・イベント・広告の
企画・運営・紹介等をしております。
SINCE 2008
<< おかずの星で1000万!宴会の星でイイかんじ! | main | J2得点ランキング 2011年9月11日 nikkansports >>
【早稲田実業サッカー部】T1リーグ順位決定戦 残留を決める!
8/30に行われました、T1リーグ順位決定戦(7位8位決定戦)の結果は以下の通りです。
 
早実 1-1 暁星 PK戦(4−2)早実勝利
 
来年度のT1残留を決定する試合。後輩達のためになんとしてでもという思いが、トーナメントの公式戦以上に伝わるとても熱い試合となった。
 
対戦相手はインターハイで破れた暁星高校。インターハイ予選で対戦したときはスピードとパワーで圧倒されてしまったため今回は充分に対策を練ってこの試合に臨んだ。
 
前半は早実の気迫で暁星陣地で試合を進める。相手にロングボールを蹴らせないプレスで相手を困惑させる。押し込んだ形で何度かカウンター気味にチャンスをつかむが決定打はない。前半20分を過ぎると暁星も中盤でのセカンドボールを拾うとサイドに展開し突破を仕掛けてくる。30分過ぎには何度かピンチを招くが暁星も決定打は出ない。そんな中前半40分、中盤でのパス交換から左サイドにボールが渡ると2年生MF⑨が思い切り良く左足を振りぬきミドルシュート、これが見事に決まり待望の先制点が生まれる。前半はこのまま終了。
 
ハーフタイムには、中盤でのマークの確認と、相手のサイド攻撃の対応を確認し、また攻撃ではゴール前に厚みを持たせる意識を確認し後半を迎える。
 
後半はあとがなくなった暁星が攻勢を仕掛ける。選手交代でフレッシュな選手をピッチに送り出す暁星に対し、選手交代ができない早実を振り回しにかかる。徐々に中盤を支配されボールが暁星優勢で回りだす。後半42分、暁星のボール回しから中盤でミドルシュートを打たれこれがGKの頭上を超え、あと4分のところで同点を許す。その後、早実も最後の力を振り絞り速攻を仕掛けるが決め手なく、決着はPK戦へともつれ込む。
 
PK戦は早実は4人全員が決めたのに対し、暁星は2人が外し、この結果早実の勝利、1部残留が決まった。
 
来年度からT1(1部)が現在の12チームから10チームに減らされる関係で、とても厳しい残留戦線(最大5チームが2部降格)が繰り広げられた今年のT1も、かろうじて早実は1部残留を決めることができました。今回のこの苦しい経験が9月から始まる高校選手権予選で生かされると信じています。まだまだ未熟なチームではありますが、一つずつ経験を重ねていきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。
 
早実 森泉武信(OBメールより転載)
 
次の公式戦
9月18日(日) 
高校サッカー選手権東京都大会2回戦(1回戦はシード) 
vs国分寺高校と錦城高校の勝者
 9:30KO @武蔵高校
http://tokyosoccer-u18.com/taikai.html
Posted by : morris-m | サッカー | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.morris-m.jp/trackback/1435555
TOP