平日は普通の会社のビジネスマン。
休日はMorris Managementとして
スポーツ・イベント・広告の
企画・運営・紹介等をしております。
SINCE 2008
<< Jリーグ:今シーズンも残り9節 | main | Morris Management Facebookページ作成 >>
【早実サッカー部】全国高校サッカー選手権大会東京都大会2回戦の結果

 9/18に行われました、
全国高校サッカー選手権大会東京都大会2回戦の結果は以下の通りです。
 
早実 2-1 都立国分寺 (延長戦)
 
都大会2回戦の相手は同じ国分寺市にあり、また今年は同じT1リーグを戦った国分寺高校。お互い手の内を知り尽くしたライバル同士の激突となった。
 
前半はお互いリスクを背負わない戦い方を展開。両チームなかなかボールが収まらない。しかしたまに前線で起点を作ると早実のFWが積極的に仕掛けチャンスを作る。前半7分、右サイドで起点を作ると2年生FW⑨が中央にドリブルで切り込み、1年生MF⑥とのワンツーからダイレクトシュート、これがファーポストにあたりゴールに吸い込まれる。1対0と早い時間に先制する。その後も前半は早実が押し込んで試合を展開するが、なかなか追加点が奪えない。国分寺も時折鋭いカウンターを見せるが決定打にはならない。そして1対0で前半を折り返す。

 
ハーフタイムには、前半の終盤から弱まった中盤でのプレスのかけ方を確認し、攻撃の起点を再確認し後半に臨む。

 
後半は気持ちの面からやや守りに入ってしまい、それがあだとなり押し込まれる。国分寺も単純に蹴りこんでも通用しないと、サイドからショートパスで崩しにかかる。中盤でのプレスがかからない早実は徐々に相手に押し込まれてしまう。そして後半20分、早実ゴール前での混戦から国分寺がシュート。早実DFは外れたと思ってそのボールを故意にスルー、それがなんとゴールに入ってしまう。これで同点。振り出しに戻る。気持ちの面で守りに入ってしまっている早実は立て直す意味で、中盤の枚数を減らしてFWを1トップから2トップへ変えて勝負に出る。これが少しずつ機能し、何とか押し返すことに成功。シュートチャンスもあったがゴールにはならず。そして80分が終了。10分ハーフの延長に突入した。

 
延長は、守るというよりは決勝点を取りにいく姿勢の2トップで臨み勝負をかける。2トップにボールが集まりだすとチャンスが増えて来る。そして延長前半9分、MFでパスをつなぎサイドのMFへパス、そして2年生MF⑪が左足を振りぬくと見事な軌道でサイドネットにボールが吸い込まれる。ついに勝ち越す。延長後半は再びしっかりとブロックを作って守り、何とかタイムアップ。何とか勝利した。
 

苦しい試合ではあったが、8月末のT1残留決定戦(vs暁星)同様、接線をものにできるようになったことは大きい。次ぎは3回戦(準々決勝)で再び暁星と対戦する。暁星はインターハイ代表校のかえつ有明をPK戦の末下し勝ちあがってきた。暁星とは今年3度目の公式戦対戦となる。インターハイでは破れ、T1残留決定戦ではPK戦の末勝利した。3度目の対戦で決着をつけ西が丘(準決勝)への道を開きたいと思います。4週間しっかりと調整し決戦に臨みたいと思います。応援、よろしくお願い致します。
 
早実 森泉武信(OBメールより転載)
 
 
次の公式戦
高校選手権東京都大会3回戦(準々決勝) 
10/16(日) 12:00KO vs暁星高校 @東海大菅生G
http://tokyosoccer-u18.com/taikai.html
Posted by : morris-m | サッカー | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.morris-m.jp/trackback/1435558
TOP